遂にPS5の本体デザインが公開!本体の大きさや価格、周辺機器は?

6月12日にPS5の発表が行われ、遂にPS5本体のデザインも公開されました!デザイン自体は上の画像の通りとなっていて、今回は通常版のPS5に加えて、PS5のデジタルエディションというダウンロード専用版の二種類あることが発表されました!個人的にはすごい近未来的なデザインとなっておりかっこいいと思いました!そして、皆さんおそらく実際本体がどのくらい大きいのかや、通常版とデジタルエディション版で価格がどれほど違うのかや、本体に加えて発表された周辺機器もいくつかあり、気になると思うので紹介していきたいと思います!

また、PS5の性能に関しても紹介しているので是非ご覧になって見てください!

PS5の性能に関する記事はこちら!→【最新情報】PS5のグラフィック進化がすご過ぎる!?気になる次世代機の性能とは?

目次


PS5の大きさは?
周辺機器
・DualSense
・パルス3D ワイヤレス ヘッドセット
・HDカメラ
・メディアリモコン
・DualSense充電スタンド
PS5の価格は?

PS5の大きさは?

今回発売されるPS5は非常に高性能であるため、排熱処理やデータ処理を鑑みた際に本体サイズは今までよりも大きくなるとの噂がされていました。そして、上の画像はPS5とXboxシリーズやPS4を比較した画像になっています。まだサイズがどれほどになるかは公式的に発表されているわけではありませんが、ディスクトレイを同じサイズだと仮定した際の推定比較画像になっているためこれが本当の比率であるかはまだ分かりませんが、これを見た限りやはりPS5はかなり本体が大きいのが分かります!

横置きはできるのか?


また、PS5を横におきたいという方も多いと思いますが、実際に横置きにできるのかという疑問について、台座が必要になってくるのではないかという話が出ています。上の画像でもわかるように、PS5本体のしたに黒い台座のようなものに置かれているのが分かります。また、特に通常版の場合ディスクトレイの部分が横に膨らんでいるためたしかに横においてしまったら安定しないかもしれません。

 

また、実際に横にしている画像を見た際にも本体の下に黒い台座のようなものが見えるので、台座があれば横に置けるデザインになっている可能性が高いかもしれません!

排熱処理は?


PS5は今までよりも本体が大きくなっていると予想されますが、とてもスリムなデザインになっているため、排熱機構がしっかりしているのかが疑問に思う方もいるかもしれません。排熱処理をできなければ、本体が落ちてしまったり、壊れてしまうため排熱処理は非常に大切な機能になってきます。しかしながら、上の画像でもわかるように、本体を覆う外装の隙間に排熱できる仕組みが張り巡らされているのがわかるため、実際の仕組みは公開されていませんが、十分に排熱処理を行うことが可能になっていると考えられます。

ボタンや端子は?


PS5本体のボタンや端子に関しては、前面の方に電源ボタンとディスク開閉ボタンのようなものがあるのが分かります。その上には、USBタイプAの端子が1つとUSBタイプCの端子が1つずつあるのが分かります。今回公開された情報には背面のボタンや端子についてはまだ不明となっています!

周辺機器は?

DualSenseワイヤレスコントローラー


コントローラーのデザインに関しましては以前から公開されており、変わったところは見られません!しかし、今回の情報では、

ハプティックフィードバック搭載

アダプティブトリガー搭載

USBタイプC端子搭載

モーションセンサー搭載

マイク搭載

と5つの情報が公開されました!この中でも特にきになるのはハプティックフィードバックと、アダプティブトリガーです!

ハプティックフィードバックとは、微細な振動によってまるで本当に触れているかのような感覚を得ることのできる技術です!

アダプティブトリガーとは、トリガーの部分が、まるで握っているかのような感覚が得られる技術となっています!

USBタイプC端子については、前々から端子がつくことは判明していましたが今回改めてタイプCであることが明らかになりました!モーションセンサーはPS4のDualShock4に引き続き搭載されており、以前から噂されていたコントローラー搭載型のマイクも今回実際に搭載されることが明らかになりました!

パルス3D ワイヤレス ヘッドセット


こちらは今回の発表会で公開された専用のヘッドセットとなっており、その特徴としては3Dオーディオに対応したヘッドセットであるとのことです!PS5は3D音響が1つの醍醐味であると注目もされているので、この3D音響をより一層楽しみたいという方にはおすすめですね!また、こちらのヘッドセットは、デュアルノイズキャンセリングマイクも搭載されているそうで、フレンドさんとクリアな音質でボイスチャットなどを楽しみたい方などにもおすすめとなっているそうです!

HDカメラ


今回は、専用の「HDカメラ」という周辺機器も紹介されており、デュアル1080pカメラを採用しているのが特徴です!PSVRで使われている専用カメラPS Cameraの最大解像度は1280 x 800ピクセルとなっていますので、今回より解像度の高いカメラとなっています!

メディアリモコン


こちらも新しく紹介された、「メディアリモコン」というもので、PS5を使い映画を観る時やストリーミングサービスを操作したい時に使えるリモコンとなっているそうです!ボタンを見てみると、マイクのボタンがあることから、音声入力や音声アシストの利用が可能で、より利便性に長けているのではないかと考えられます。

DualSense充電スタンド


こちらは、PS5のコントローラを2つ同時に充電できるスタンドとなっています!コントローラを2つ持っている方にとっては、今までコードを2つにいちいち挿したりする手間が省け、便利になるかもしれません!

PS5の価格は?

PS5の価格についてはまだ正式には発表さていません。しかし皆さん通常版とディスクレス版とでいくらほど値段が変わってくるのかが気になる方も多いかと思います。そこで目安と考えられるのが、上記のXbox One Sの通常版とディスクレス版の値段の差になってくるのではないかということが考えられます。その差は約5000円となっており、PS5においてもディスクレス版の方が5000円ほど安くなるのではないかと予想できます。

また、PS5の価格についての記事もあるので是非ご覧下さい!

PS5の価格に関する記事→【最新情報】PS5公式取材にて価格と独占タイトルの新情報まとめ!

 

最新情報をチェックしよう!