Apple Watch Series 6の新機能やデザイン、発売日は?日本でも心電図機能に対応か?

今回は、今年発売予定の新型「Apple Watch Series 6」の新機能や発売日についての新情報が入ってきたのでまとめて紹介していきます!

また、現在話題になっているECG(心電図)機能(日本は非対応)が日本でも対応されるのではないかという話も出てきたので紹介していこうと思います!

目次


Apple Watch Series 6の新機能とは?
・Micro-LEDディスプレイ対応か?
・S6チップ搭載で大幅なパワーアップか?
・指紋認証対応か?
・デザインは?
・耐水性能が強化される?
・健康管理機能も強化か?
ECG(心電図)機能に対応か?

 

Apple Watch Series 6の新機能とは?

Apple Watch Series 6はMicro-LEDディスプレイ対応か?


まず、次世代Apple Watchで話題となっているのが、ディスプレイがMicro-LEDになるかもしれないということです。現在、2021年に発売が予定されているiPhoneやiPadなどがmini-LEDディスプレイに対応していくという話も話題になっていますが、次世代Apple WatchにおいてもMicro-LEDディスプレイに対応するかもとの話が出てきています。また、現在iPhoneでも使用されている有機ELディスプレイなどにおいてもApple Watchから始まっているので、可能性としては全然あり得る話かも知れませんね!

このMicro-LEDディスプレイとは、有機ELディスプレイと仕組みが似ていますが、微細なLEDが自ら発光し、有機ELの様に焼き付きがなかったり、薄く加工しやすい、そして省電力に優れている点などのメリットが多いです。

このMicro-LEDを搭載する上でネックとなってくるのが「価格が高くなる」という点だと思います。そのため、考え得る可能性としては、グレードによってディスプレイの種類が変わってくるかもしれません。つまり、チタンやセラミックなどのハイエンドモデルにのみ搭載されるという可能性が高いかも知れません。

S6チップ搭載で大幅なパワーアップか?


現在最新のApple Watch Series 5においてはS5チップというものが搭載されていますが、機能面的には1世代前のApple Watch Series 4に搭載されていたS4とほとんど変わっていません。そのため、Series 6で搭載されると言われているS6チップは大幅に性能がアップするのではないかとのことです!

指紋認証対応か?


今回期待されている機能として、「指紋認証」がつくのではないかという情報が話題となっています。

現行のApple Watchには顔認証や指紋認証などの生体認証昨日は搭載されておらず、パスコード、またはペアリングしているiPhoneを開くことで解除される仕組みになっています。Apple Watchのディスプレイは非常に小さく、パスコードが入力し辛いため、指紋認証が搭載されることでより利便性に長けるのではないかと思います!

実際にどの様に搭載されるかについては、デジタルクラウン(本体の横についているダイヤル)に搭載される可能性が高いとされています。また、現在Apple Watchは既に生体認証が米国特許商標庁に既に申請され取得済みとのことなので、指紋認証が付く可能性は非常に高いと言えるでしょう。

ただ、画面埋め込み式の指紋認証の方が使いやすいのではないかと個人的には思っております。。(笑)

また、Series 7では画面埋め込み式の指紋認証になるのではないかという話もちらほら出ています!

Apple Watch Series 6のデザインは?


今回、デザインに関して四角い形をしていたものが丸い形になるのではないかとの噂も出ていますが、その可能性は低そうで、デザインに関してはほとんど変わらないとのことです!この四角いデザインは他のデバイスとの互換性や使いやすさなどを兼ね備えているので簡単に変えられるものではないそうです。

また、Apple Watchのデザインに関しては、初代からSeries 3までは一貫したデザインが採用されており、このサイクルから大幅なデザイン変更がされるとしたらSeries 7になることが予想できます。

耐水性能が強化される?


次世代Apple Watchは耐水性が強化されると話題になっています。現行のApple Watchも既に深さ50メートルでも耐えられると言った耐水性を持っていますが、ダイビングなどの過酷な環境になった場合はまだ不安が残ります。しかし、次世代モデルではこの様な環境下にも耐えられる耐水性が付くのではないかと話がされています!

健康管理機能も強化か?


Apple Watchを使っていれば、なんと言っても欠かせないのが健康管理機能だと思います。今回はこの健康管理機能も強化されるそうです。新機能としては、血糖値や、血中酸素飽和濃度の測定が可能になるのではないかとのことです。そして、ずっと噂されている睡眠トラッキング機能である「Sleep」にも今年対応するかも知れないと言われています。またAirPodsの次世代機とされているAirPods 3にも血中酸素飽和濃度の測定機能がつくかも知れないと話題となっているので、Apple Watchに搭載されるということは十分にあり得そうですね!

AirPods 3に関する記事はこちら!→AirPods3の新機能とは?!最新リーク情報まとめ!

発売日は?


皆さん気になるであろう発売見についてですが、公式に発表はされていませんが、歴代の機種の発売日は以下の様になっています。

  • 初代Apple Watch…   2015年4月24日
  • Apple Watch series 1… series2に合わせて登場
  • Apple Watch series 2… 2016年9月16日
  • Apple Watch series 3… 2017年9月22日
  • Apple Watch series 4… 2018年9月21日
  • Apple Watch series 5… 2019年9月20日

この様に、Apple Watch Series 6は例年通りであれば9月に発売される可能性が高そうですね!

しかし、現在は新型コロナウィルスや、白人警察官による黒人男性殺害の事件が問題となっているため、発売が遅れるという可能性も十分にあり得そうです。

 

日本でもECG(心電図)機能に対応か?

今回もう1つ話題となっているのは、日本でも心電図機能に間も無く対応するかも知れないということです。この話が浮上してきたのは、

独立行政法人の医薬品医療機器総合機構が、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第13条の3の規定に基づく医薬品等外国製造業者の認定・登録番号に関して「認定・登録外国製造業者リスト」を更新しており、その中にAppleが認定登録されていることが判明したことが原因となっています。

上記の画像が実際のものです。この情報より、日本におけるApple WatchのECG機能を提供するために、認定を受けたと考えることができます。また、この機能は既に日本語にも対応しているため、十分にあり得そうですね!

 

最新情報をチェックしよう!