Google新型Android TVドングル発売か?気になる発売日や価格、性能は?

新型Android TVドングルは今季発売か?


Googleは今年の夏に、少なくとも新型のスマートフォンとストリーミングメディアデバイスを含む新しいハードウェアを発売する準備をしていると報じられています。そして、今回はこのストリーミングメディアデバイスはChromecast Ultraの後継機であると噂されていますが、専用のリモートとAndroid TVソフトウェアが搭載されるのではないかと予想されています。この噂のGoogle Android TVドングルは、GoogleのNestブランドでリリースされる可能性があり、Googleの現在のChromecastデバイスに似ていると説明されています。また、このGoogleの次期Android TVドングルは「Sabrina」であると報じられています。

Sabrina専用リモコン


今回の情報によると、Googleの新しいデバイスには専用のリモコンが付属するとのことです。これは、ユーザーがスマートフォンからしか操作ができなかった以前のChromecastストリーミングメディアデバイスとは対照的なものとなっています。情報が公開されたその日に、「Googleリモート」の認定申請がFCCのWebサイトで公開されましたが、そのリモートは実際にはASUS製のGoogle Meetハードウェアキット(h / t @ monog0n)用であることが判明しています。 Googleの情報を発信している9to5Googleによると、新しいリモコンは基本的にDaydream ViewとApple TVのリモコンの中間のようなもので、マイク、Googleアシスタントボタン、そしておそらくそれをプログラム可能にするIRブラスターを備えています。

 

Sabrinaの見た目や性能は?


Chromecast Ultraの丸みを帯びた形状とは異なり、今回のSabrinaは、楕円の様な形状をしています。 Googleの第3世代ChromecastとChromecast Ultraのカラーバリエーションは白黒のみとなっていますが、Googleの新しいAndroid TVドングルは白と黒に加え、新しい淡いピンク色の三色展開になりそうです。これらの画像だけでデバイスの感触を説明することは困難ですが、以前とは異なった滑らかな表面を持っているようにも見えます。マーケティングビデオとして公開されている動画ではリモコンの上半分のみが表示されており、噂のGoogleアシスタントボタンなどの一部のコントロールが表示されています。専用のNetflixボタンまたはAmazon Prime Videoボタンがあるかどうかは不明ですが、どちらもマーケティングの決定やライセンス契約によりリモコンによく見られます。リモコンは無地の白い色で表示されますが、Android TVドングルのデザインに合わせた色も存在する可能性があります。

以下の画像は、Googleの新しいコンテンツ中心のAndroid TV UIを紹介しているものです。下部にテレビ番組と映画のリストが表示されます。中央には、推奨タイトルの自動スクロールカルーセルと、コンテンツを提供するサービスプロバイダーがあります。また、Android TVはGoogle Nestドアベルとビデオカメラからの通知を表示できるようになる可能性があります。またこれは、既にアシスタント搭載のスマートディスプレイで可能となっているので十分にあり得ます。

最後に以下の画像は、左側が新しいGoogleアシスタントのレスポンスのUIとなっており、右側の画像はYouTube TVが[ライブ]タブに統合されることを示しています。

Sabrinaの価格は?


価格について、名前のない「業界関係者」によると、GoogleのAndroid TVドングルの価格がおよそ80ドル以下になることを期待していると語っています。これにより、価格はChromecast Ultraの69ドルと価格が近くなることで、XiaomiのMi TVスティックと競合することを目的としているそうです。


最新情報をチェックしよう!